メールマガジン

シュフティ実践 実践記録

スキマ時間で二倍稼げるチャンス! 在宅ライター実践記24 クラウドソーシング編

更新日:

普通の主婦、佐竹がクラウドソーシングの記事作成で稼ぐ「在宅ライター」をやってます。

0歳と5歳の育児しながらいくら稼げるか?

どんな記事を書いているのかリアルな情報をお届けしております。

 

これまでの在宅ライターあらすじ

育児と家事優先でマイペースに作業しています。

最近サボり気味です。

在宅ライター23日までの記録はコチラ

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 9日目 10日目
11日目 12日目 13日目 14日目 15日目 16日目 17日目 18日目 19日目 20日目
21日目 22日目 23日目

 

在宅ライター24日目の実践記録

今日は平日ですが夫が休みで、夫が休みということは、5歳長女の保育園も休みです。

夫も子供も家にいるという事は、作業できない日ですね。

 

いつもは昼ごはんは自分だけなのでパンとか、大したもの作らなくていいんですが、みんなが休みだと食事を大量に作っている気がします。

特に最近の長女は食べっぷりが半端ないので、米がすぐなくなります。

 

そんな炊事に追われる一日ですが、いつものスキマ時間を活用して850円記事(季節のイベント記事)を2件下書きしました。

今日のスキマ時間

  • 子供のおやつの時間
  • トイレの中
  • 夫と長女がお風呂に入っている間
  • 寝かしつけの後

などなど。
トイレの中が安息の空間です。

 

夕方夫が長女を連れて公園に出かけたので、今がチャンス!と思ったら、寒いとかおなか減ったとかで10分くらいで帰ってきました。

在宅ライターの記事作成の前にちょっとテーブルを片付けて洗濯物を畳むことしかできず。

もうちょっとがんばってくれ二人とも。

 

文字単価1円の見積もり提出

久しぶりにクラウドソーシングサイトの仕事募集を見ていたら、1文字1円の高単価案件を発見しました。

 

見つけた時点で募集3日目くらいになっていて、応募している人が20人近く。

見つけるのが遅かったかー、と思いつつ、早速見積もりを提出しました。

 

今までの記事作成単価は1文字0.5円が最高単価でした。

1文字1円となると、そのです。倍稼げる!

 

経験者優遇とのことで、見積もりを出すときに、今まで書いた記事URLも添付してみました。

1ヶ月もない経験ですが、添付しないよりましです。

 

契約取れるかなと夜までに何回もクラウドソーシングサイトを見てみましたが、連絡は来ませんでした。

20人の対応をしていることを考えると、契約有無にかかわらず連絡が来るのはしばらく後になる予感。

 

それまでやきもきしながら待ってます。

 

本日の在宅ライター成果

850円ブログ記事を2件下書しましたが、納品はできませんでした。

累計 ¥25,150

 

翌日の在宅ライター実践記はコチラ↓

普通の主婦が途切れなく稼ぐコツ 在宅ライター実践記25

メールマガジン

-シュフティ実践, 実践記録

Copyright© 在宅副業ライター生活 , 2021 All Rights Reserved.