メールマガジン

シュフティ実践 実践記録

これで稼げないって、どういうこと?レベルのお話 在宅ライター実践記22 クラウドソーシング編

更新日:

主婦、佐竹の在宅ライター挑戦の記録。

クラウドソーシングでの記事作成日記22日目です。

在宅ライターとは、家にいながらパソコンで文章を書くお仕事です。

ライターと言っても取材や打ち合わせなど難しいことは一切ナシ

気軽なブログ記事を匿名で書いています。

 

これまでの在宅ライターあらすじ

毎日記録している在宅ライター実践記録ですが、早いもので23日目となりました!

これまでインフルエンザになったり、子供と遊んだり出かけたりで全くかけない日がありつつ、累計報酬が2万円を超えました。

サクサク稼ぐ在宅ライターで、育児や家事と両立できています。

在宅ライター21日までの記録はコチラ

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 9日目 10日目
11日目 12日目 13日目 14日目 15日目 16日目 17日目 18日目 19日目 20日目
21日目

 

在宅ライター実践22日目の記録

今日は午前中に900円記事(ウェブサービスについての記事)を1件作成しました。

これまで美容関係の記事ばかりでしたが、これは全然違うジャンルの記事です。

でも記事の構成は同じなので、全くの一からという感じはしません。

 

記事ネタのウェブサービスは馴染みのないウェブサービスでしたが、特に問題なく書けました。

 

というか、クライアントから渡されるマニュアルが「これで書けないってどういう事?」ってくらい丁寧で詳しいんですよね。

このクライアントはまじめでキッチリした性格なんだなという事が、やりとりの文章からも感じられます。

 

超簡単に記事が書ける理由

これまで契約した4件のクライアント全て、マニュアル完備でした。

マニュアルの内容はクライアントによって違いますが、内容の半分くらいは同じような内容です。

 

記事作成するにあたって、主語はちゃんと書きましょうとか、意味が分かる文章で書きましょうとか。

一言でいうと「小学生レベルの国語、できてますか?」という内容です。

難しいことは全く書いていません。

 

でも普段はそんなこと考えずに無意識に話しているので、改めて例文を見て「なるほど~」と思うことが結構あります。

主語をきちんと書くというのも、改めて意識してみると話しているときは主語を言わないことが結構多いんですよね。

ちゃんと書こうと思うと自然と文字数が多くなって、あっという間に記事が書けます。

 

子供と話すときも主語を言わずに「急いで」「ちゃんとして」と、言いたい事だけ言っている自分に気づきます。

丁寧に話すように心がけよう。うん。

 

話がそれましたが、最初に在宅ライターを始めるときはマニュアル完備の案件がおすすめです。

小学生レベルの国語マニュアルと言えど侮れません。

その後、2件くらい契約が取れたらその後はマニュアル読まなくても書けるかも。

 

クラウドソーシングサイト「シュフティ」では、マニュアル完備の案件を一覧で一括検索できるので便利です。

雑誌や新聞も、改めて文法を意識して見てみるときっと参考になるんだろうなあ。

 

午後に昨日下書きした850円記事を書きましたが、もう一息というところで子供が一人遊びに飽きてしまい、完成できませんでした。

あと一息というところだったので心残り…。

明日納品予定です。

 

本日の在宅ライター成果

  • 900円ブログ記事 2件作成

累計 ¥22,300

順調に進んでおります。

 

翌日の在宅ライター実践記はコチラ↓

勝手に書ける記事で2,000円ゲット! 在宅ライター実践記23

メールマガジン

-シュフティ実践, 実践記録

Copyright© 在宅副業ライター生活 , 2021 All Rights Reserved.