メールマガジン

シュフティ実践 実践記録

家族の幸せのために。ゆるーく働く選択肢! 在宅ライター実践記17 クラウドソーシング編

更新日:

在宅ライター実践記録17日目。
普通の主婦である佐竹が、育児と家事の合間に記事を書いてお小遣い稼ぎをやってます。

在宅ライターとは、記事や文章作成、ライティングを請け負う仕事です。

主にブログ記事、情報サイトの記事を匿名で書いています。

初心者OK、スキマ時間で稼げる話題の在宅ワーク「在宅ライター」でどんな記事を書いているか、いくら稼いでいるかを公開しています。

 

これまでの在宅ライター生活あらすじ

これまで16日間で16,500円稼げました。

ここ数日は子供や家事を優先して記事を書かない日もあったり、ゆったりマイペースに続けられています。

過去16日分の実践記はコチラ

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 9日目 10日目
11日目 12日目 13日目 14日目 15日目 16日目

 

在宅ライター17日実践記録

今日もスキマ時間に記事を書き書き、と思いきや、先に行っておくと今日は作業を一切しませんでした。

なぜかというと、今日は長女の誕生日。
5歳になりました。

家族サービスデーと決め、作業をせず家族で過ごしました。

ベタにレストランで誕生日ケーキを食べ、レストランスタッフの方に頼んで記念撮影をしてもらいました。

ど平日ですが、偶然にも夫も休みが取れたので、絵にかいたような家族だんらんが過ごせました。

 

在宅ライターは勤務時間の制限も、毎日のノルマもないので、作業ペースを自分で決められます。
こういった何もしない日もアリなのが在宅ライターのいいところです。

と言うか、最近記事書いてない日が多い気がしますね。

 

主婦の方だけではなくてお勤めをしている人でも、記事を書くのに時間がそこまでかからないので副業にもアリかも。

昼休みランチ後にカフェでお茶しながら1記事書いて…。
優雅なひとときでサクッとお小遣い稼ぎなんて理想。

 

ちなみに、以前お勤めしていた時は、お昼にランチに出るなんて信じられないくらい忙しかったり、ランチ代を節約して毎日お弁当でした。

お昼休みは事務処理時間と化し、全然休んでなかった記憶があります…。

 

仕事してるのがいいのか主婦でいるのがいいのか。

その時の状況によってどっちがいいのか違うし、価値観も人それぞれで正解はないけれど、在宅ライターのような副業をひとつ持っていれば、ダブルワークでガッツリ稼ぐこともできるし、主婦しつつゆる~くお小遣い稼ぎもできる。

ライフスタイルに合わせて働き方を変えていけるのって、いいなと思います。
特に女性は出産育児という人生の大転換期があります。

働きたくても働けない時や、働きたくないけど働かないといけない時、いろいろあります。

振り返ればこの5年、色々なことがありました。しみじみ。

 

そろそろ小学校入学も見えてきて、また一波乱なにか起きそうな予感ですが…。

小1の壁を迎えても、在宅ライターならマイペースにできそうです。

 

記事を書かないと決めてましたが、子供を寝かしつけた後、布団の中でスマホで記事の下調べをちょっとだけして就寝。

母ちゃんがんばるよー。

 

本日の在宅ライター成果

なにもせず。

累計 ¥16,500

成果なしでも報告できる心の余裕ができたと前向きにとらえています。

 

翌日の在宅ライター実践記はコチラ↓

初めてのジャンルに挑戦!えっ、簡単すぎ…? 在宅ライター実践記18

メールマガジン

-シュフティ実践, 実践記録

Copyright© 在宅副業ライター生活 , 2021 All Rights Reserved.