fbpx
メールマガジン

家庭・家計

産後退職して後悔しているあなたへ。収入とやりがいはお勤めしなくても手に入る

投稿日:

育児と仕事の両立は働くママにとって常に付きまとう問題。

子供との時間を取るか、仕事を取るか…。

時短勤務で早く帰る事で上司や同僚にも気を遣わせ、以前のようにバリバリ働くなんて夢のまた夢。

私って、何のために働いているんだろう…。

子供との時間もろくに作れず、家事も疎かになり、もう限界!
仕事辞めます!

と、エイッと退職したはいいけれど…。

やっぱり収入って大切だし、社会とのかかわりがなくなると、なんだかひとり孤独になった気分。

産後で退職して後悔していませんか?

収入とやりがいは、家にいながら手に入ります。

 

産後に退職して後悔した実例

実際に、産後に退職したママ達の口コミをまとめました。

子供が幼稚園に入って少し余裕が出て、やっぱり仕事やりたいなあと思ったけど…。
もう3年もブランクがあって仕事できる気がしない。

スーパーのレジ打ちやコンビニバイトはちょっと嫌…。
できれば事務がいいけれど、条件が合う仕事がない…。

たった数年であっても、一度仕事を離れてしまうと戻りづらくなってしまうようですね。

元々専門職や管理職だった人ほど、アルバイトには抵抗があり、すぐにできる仕事は条件が合いません。

気付いたらお金が無くなって、貯金がなくなっていく。
子供の教育費が本当に心配。

退職して収入がなくなることで、金銭面の不安が大きくなっていく人が多いようです。

フルタイムで働いていたときのお給料が丸々なくなる…。

夫が働いているとはいえ、収入が半分になるわけですから家計に大ダメージです。

働いているママを見ると、本当に羨ましい。
テレビやドラマのように、別の世界にいるみたいに見える。

一度退職したけれど、やっぱり収入とやりがいが欲しい。

失ってしまってからわかる、やりがいや、仕事の魅力。

仕事をしているときは辛い、辞めたらやりたい、と矛盾しているかもしれませんが、今の日本の現状では、育児か仕事、どちらかを重視するワークライフバランスになってしまいます。

 

仕事を辞めたけど働きたい、と思っても働きたいけれど働けない現状があります。

募集の多いアルバイトやパートは、接客業や立ちっぱなしの仕事が多いです。

慣れない接客業、足や腰にくる立ちっぱなしは、最初は良くても続けるのが大変。

仕事のストレスで育児がおろそかになったら、結局また仕事を辞めることになります。

 

産後に退職しても後悔しないために

産後に退職して、今後悔しているとしても、時間は元に戻せません。

会社員をするだけが、お仕事ではありません。

 

在宅ライターで、収入もやりがいも手に入ります。

在宅ライターとは、家でできるライター業。

子供の面倒をみながら、家事の合間にマイペースにできるお仕事です。

 

在宅ワークって地味で単純作業というイメージがあるかもしれませんが、ご紹介する在宅ライターは違います。

シール貼りや袋詰めって、誰でもできる反面、単純作業すぎてロボットになった気分…。

 

でも、在宅ライターは、クライアントと一緒にブログを作っていくというやりがいがあります。

いい記事が書けたら報酬もアップしますし、スケジュール調整もできます。

記事の内容を調べる(と言っても調べ方はネットで簡単にできます)のも楽しいですよ。

私が実際に書いている記事

  • お風呂のカビ取りのコツを紹介する記事
  • 祭日の由来を調べて記事にする

などなど、思わず「へぇ!そうなんだ!」と誰かに話したくなる豆知識がどんどん入ってくるので飽きません。

記事というより日記みたいな感じですね。

ボーッとテレビ見たりネット見てるよりずっと有意義に時間が使えますよ。

 

産後の退職で後悔するより前に進もう

産後の退職してしまったことを後悔しても、このご時世再就職ってすぐできるものではありません。

でも、在宅ライターなら即採用。

  • 自分のペースで
  • 完全在宅で
  • 個人情報非公開

あなたの失ってしまった仕事のやりがいや収入が手に入ります。

これからますます加速するネット社会で需要が増えるライターという職業は、再就職までのつなぎキャリアとしても人気です。

 

ライターなら、家事と育児の両立に悩むことはありません。

後悔しているより、気持ちを切り替えて一歩前に進みましょう!

 

産後に退職する前にすべきこと

この記事を見ている方で、まだ退職をされていない、退職を迷っている方は、ぜひ一度働き方を考えてみて下さい。

  • 残業や休日出勤が辛い
  • 保育園の送り迎えが辛い

でも、今辞めたら二度と仕事ができなくなる…訳ではありません!

在宅ライターという選択肢があります。

完全在宅なら保育園の心配はいりません。
自分のペースで働けるので、残業もありません。

今の仕事が全てではないのです。

  • ボロボロになるまで働いて、子供や家族を犠牲にして、収入はわずか
  • 専業主婦になって時間はあるが、収入はゼロ

この二択しか選べないと、ほとんどの人は思い込んでいます。

でも、違うんです。

 

在宅ライターなら、いいとこ取りの中間を取ることができるんです。

在宅ライターで初収入を得るのは始めて1週間程度。
軌道に乗るまでは、だいたい1ヶ月くらい。

仕事を辞めてから始めても退社翌月から稼げます。

辞める前からマニュアルを読んだりして準備をしておけば…。

会社員と同じくらい稼ぐのも、夢じゃない!

 

仕事と育児のワークライフバランスにお悩みの方は、自由度の高い在宅ライターという働き方がおすすめです。

メールマガジン

-家庭・家計

Copyright© 在宅副業ライター生活 , 2020 All Rights Reserved.